カメラ関連デジタルモノ関連

2021年、こんなん買いました。~買ったものあれこれ編

2021年、こんなん買いました。~買ったものあれこれ編
この記事は約6分で読めます。

2021年、こんなもの買いました。

2021年、自分が性懲りもなく買ったものあれこれに関するネタ。
リモートワーク化で様々なものを導入することになった前年に比べると「何か買った」という事は少なかったように思えるが、買ったものは買った気がするのは何故だろうか。

過去の買ったものあれこれ編

2019年

2020年

カメラ・レンズ編

カメラ関連の買い物あれこれ(代表的なもの)

カメラに対する興味が少しずつ薄れている、という割には地味に買うものは買っているのだからお笑いである。

Canon EOS6D

21年2月末、スイッチ部分が故障したEOS5D代替として購入。
当初は色々と使っていたのであるが、動きもの相手のAF精度がタコということで使用頻度が減ってしまい、21年12月後半に帰省したついでに中野のフジヤカメラで売却してしまった。

暁

ポートレートなど、とにかく「用途」さえ合えばいい感じのカメラだが……。

Canon EF24-105mm F4L IS USM

13,200円というバカ値で売られていたので修理を前提で購入。
ヒガサカメラサービスに修理に出したはいいものの、日常で使うにはあまりにも重量級なうえにEOS6Dとの組み合わせで「AFがあまりに使い物にならない」ことが判明して値が付くうちにあっさり売却。

海鴎4B-1

中国製二眼レフカメラ、海鴎4B-1もメルカリで購入。
当初は半ばジョーク枠として購入したのであるが、非常によく写る上に操作系も簡便なので、早くも弊サークル刊行の『JC』の新刊ネタにしてしまった。

Boothはこちら

JC Junk Camera No.11 Seagull4B-1の魅力 - サークル ジャンク難あり500円の会 - BOOTH
泡沫カメラ同人誌、1年ぶりに登場! 今回は中国人民の日常を記録した「カモメ」ことSeagull 4B-1について取り上げる。 【もくじ】 ・Seagull 4B-1を買う ・Seagull 4B-1雑感 ・あてにならない作例  Lomography Color Negative400編  FujiFilm Pro160

メロンブックスDLはこちらから

JC JunkCamera No.11 Seagull4B-1の魅力(サークルジャンク難あり500円の会)の通販・購入はメロンブックス
JC JunkCamera No.11 Seagull4B-1の魅力はサークル名:サークルジャンク難あり500円の会の作品です。JC JunkCamera No.11 Seagull4B-1の魅力の通販、予約は業界最速のメロンブックスにお任せください。サンプルでJC JunkCamera No.11 Seagull4B

SONY FE 28-60mm F4-5.6

EF24-105mm F4Lを売却した資金の半分で、SONY α7cキットバラシ品をメルカリでdポイントなどを駆使して実質14,630円で購入。
スチル撮影やWebカメラ用途以外にも、NDフィルターを噛ましたうえでVlogにも活用しようとしているのだが、Vlogに関していうならば「動画にするほどのネタがない」のが悲しい。

暁

実はVlog自体は撮影しているんですがね……Davinciは難しい。

なお、このレンズでの夜景撮影はα7Ⅱでは厳しいので静音シャッター搭載の第3世代α7シリーズ以降のモデルで使うことを推奨したい。

SAMYANG AF 45mm F1.8 FE

EOS6Dをはじめとして運用していないカメラやレンズ各種を、チバラギ帰省の途中に中野のフジヤカメラで売却したお金で手に入れたレンズで地味に初めての「AFが動く」FEマウント単焦点レンズ。
少なくとも、動画撮影には向いていそうなレンズではあるのだが、導入して間もないということもあって現状まだノーコメントで。

デジモノ関連

カメラ以外のデジモノ関連

カメラ以外のデジモノ他の購入であるが、リモートワーク関連でいろいろ揃えることになった前年に比べると、比較的あまり買っていなかったように思える。

Apple iPad Air3(64GB)

年初にイラスト用に家電量販店で棚ずれ品のiPad Air3を導入。
手持ちのApplePencil(第一世代)を流用できるのはいいのだが、いかんせんApple製品なのにMacBookAir(Early2020)と同じUSB-C規格ではないので、USB-lightningアダプタなどのlightning関連のアクセサリをいちいち用意しなければいけないのが地味につらい。

それはそうとして、intel CPU搭載のMacBookAir(Early2020)を導入した少し後にM1Macが出たり、iPad Air3を導入した後でUSB-C規格のAir4が安定供給されたりとApple製品でここのところ「ハズレ」ばかりを引いているのはなぜか。

暁

そう毒づく割に先日、Smart Keyboardまで買ったんだよなぁ……。

Xiaomi Mi band4

サイトでは取り上げなかったが、実はXiaomiのスマートバンドMi Band4も7月ごろに購入していた。
デジタル時計として以外にも、睡眠記録や歩数計など健康管理のために便利なアイテムとして活用しているのだが、連携アプリで睡眠記録を確認したところ「長く眠っていたはずなのに、実は深い睡眠が1時間半もとれていなかった」ことに地味にショックを覚えた。

なお、Mi Band4のバッテリーは何日使っても減らないのであるが、充電は地味に面倒なのでMi Band4用のサードパーティ製充電アダプタを買おうかどうか検討中。

Wacom DTC133W1D

21年7月に人並みにWacomの液タブなんかも導入。
液タブを導入して以降、クリスタを立ち上げて絵をバリバリと描くようになったのか、絵が「人並みに」なったような気がする。ホントに「人並み」の腕だが。
(このエントリのサムネイル画像もクリスタと液タブで描いたもの)

PC・iPad共にクリスタの有料ライセンスを導入したのも今年の話なので、クリスタと液タブ(とiPad Air3)は自分には欠かせないアイテムとなった。

AudioTechnica ATH-A500Z

モニターヘッドホンも実はしれっと購入。
公式ではハイレゾ非対応とのことであるが、元が「あまり聞き分けのいい」耳ではないので上位機種とブラインドテストをしてもわからないかもしれない。

暁

だったら何で買ったんだよ。

来年あたり何買うんでしょ

早くも来年のことを考える

2022年も性懲りなく何か面白いモノを買うんだろうな、というのは思う。
ひとまずはFEマウント機材でひとつ面白いモノがあったら……なんてことを考えているのだが、何故だかFEマウント予算だったはずの資金からM4MWSが生えそうな予感がする、というか。
SAA製のPMAG込みで)

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました