エアガン・サバゲ

東京マルイMWS規格対応!SAA製 PMAG(Gen M3タイプ)を買おう

東京マルイMWS規格対応!SAA製 PMAG(Gen M3タイプ)を買おう
この記事は約3分で読めます。

これまでの記事

いい加減にPMAGタイプのマガジンが欲しい

アルミマガジンは民間風でやるには正直…ということでv

MWS規格のマルイ M4A1カービン(GBB)を購入して以降、2010年代以降のARを再現するために欠かせないPMAGタイプのマガジンが欲しいと思っていた。
しかしながら、2024年現在国内で流通しているサードパーティ製PMAGは主に純正互換構造系統のSAA(Ace1Arms)とFalconToys、純正系構造ではない、という話のあるT8(CGS)の3種類がある中で「どれが一番ハズレを引いても、自分の手でどうにかできる構造か?」という事で悩んでいたのである。

かといって、安心と信頼のマルイ純正アルミマガジンは何というかアルミマガジンが運用されているところもある軍・LEならばともかく、民間風設定だと正直なところ辛い部分があるので、6月末にサバゲをする話が出た際に試しに一本ほどSAA製のPMAG(Gen M3タイプ)を買ってみることにした。

暁

なお、サバゲは悪天候で中止になりました…。

SAA製PMAGは動作面は快調、しかし擦り合わせも?

注文したSAA製 PMAGが届くと同時にまずやったことは、海外製という事でカタついている可能性のある底部の注入バルブの締め直しである。
案の定、注入バルブが少し緩んでいたのでバルブレンチで締め直して手持ちの134aガスを注入したところ、注入バルブからのガス漏れは起きなかった。

そのままMWSにセットして空撃ちをしてみると、動作は快調。
SAA製PMAGもロットによってもアタリハズレがあるのか、それとも最近のロットでは改良が加えられているのか「そこまで言われるほどダメなマガジンか?」と思ってしまった…のであるが、SAA製PMAGの問題点はここから。

空撃ちの次はBB弾を装填して動作チェックをしようとしたところ、マルイ製BBローダーをマガジンに取り付けて装填を試すも、1発目こそ装填されるが2発目以降はうまいこと装填されないのである。
試しにMWS純正アルミマガジンで同じように試したら、カタログ通りに35発分装填できたので「これはマガジンリップに問題があるな?」と判断し、マガジンリップのBB弾を保持する部分を工具箱の中に入っていた400番の紙ヤスリで気持ち軽く擦ってみることに。

ヤスリでマガジンリップを擦った後、BB弾をローダーで装填してみると見事に30発ほど装填でき、BB弾の発射も問題なくなった。
SAA製PMAGはいくら純正互換構造とはいえ、アタリ個体であってもヤスリ等での擦り合わせが必要なので海外製に慣れていないと少し厳しいな…と思った次第である。

SAA製PMAG、今後はどうする?

このようにSAA製PMAGは「最初の擦り合わせ」こそ必要だが、あくまで購入した直後はいい感じに使える。
とはいえ、SAA製PMAGはタンク部分が何故か2分割構造となっているので、将来的には内部を分解して自己融着テープとシールテープでしっかり対処する必要がある以上、今後のサバゲ投入などで経過を見ていきたいところである。

なお、SAA製PMAGはプラ外装なので連射すると早く冷える。
夏ならばともかく、パワーソースの134aガスが冷えやすい秋口から冬場にMWSを使う際には運用的に厳しいかもしれないので、通常のアルミマガジンも増備したほうがいいかもしれないな、とも考えているが…。


この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住(2022年秋まで)していたが、現在はチバラギに戻って求職活動中。
-------------------------------------------
このサイトはamazonアソシエイトプログラム・楽天アフィリエイト・Googleアドセンス等のプログラムに参加しています。

スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
タイトルとURLをコピーしました