カメラ関連フィルムカメラ

880円ジャンクで買ったNikon F4で塩釜卸売市場を散策

880円ジャンクで買ったNikon F4で塩釜卸売市場を散策
この記事は約3分で読めます。

F1桁機を880円ジャンクで買う

ジャンクとしては「かなりの当たり」では?

昨年7月ごろ、コセキカメラのジャンクコーナーをいつものように見ていた。
そんな折、本来ならば「いくら状態が悪くとも」決してジャンクコーナーに置いてあるはずのないNikon F1桁機であるNikon F4が880円で並んでいたのである。

「動かなくとも置きモノくらいにはなるか」ということで、即座にテスト用フィルムの27枚撮りのプレミアム400と共に購入したところ、軽くプレビュー鳴きする1以外は至って普通に動いてしまった勢いでフィルムを装填。

とはいえ、フィルムを装填した……のはいいがフィルムを詰めたまま遂に2022年になってしまった。
少なくとも「このままではいけない」と思い、東塩釜にある塩釜仲卸市場で水揚げされたばかりの新鮮な魚が食べたくなった、ということで塩釜仲卸市場の朝市散策をするついでにNikon F4のテスト撮影をすることにした次第である。

塩釜仲卸市場の朝市散策

朝市は13時ごろまでやっていた

仙石線の東塩釜駅から徒歩10分くらい歩いたところに塩釜仲卸市場がある。
連休2日目の日曜日の塩釜仲卸市場は、おいしい魚を食べたい地元観光客でにぎわっていた。

塩釜水産物仲卸市場
生マグロの水揚げ量日本有数!一般のお客様も新鮮素材が卸値でご購入いただける塩釜仲卸市場。午前3時から営業しています。
(Camera:Nikon F4 Lens:Nikon Ai Nikkor 35mm F2S)

塩釜仲卸市場の南側正面。
正月ということもあって門松が飾られていた。

(Camera:Nikon F4 Lens:Nikon Ai Nikkor 35mm F2S)

「午前6時より日曜朝市を開催する」という看板をF4くらいの絞りで撮影。
それはそうとして、Ai-S 35mm F2はネガフィルムと組み合わせると非常によく写るのでMFニッコールの半分以上が生産停止になった2006年まで生産されていた2のも納得できるというか。

(Camera:Nikon F4 Lens:Nikon Ai Nikkor 35mm F2S)

塩釜仲卸市場の中でおいしそうな魚を探す。
Nikon F4で撮影時、甲高いワインダー音が響いたときは市場の中では結構「浮いた」感じがしたので

暁

次辺りは静かなカメラを持ち込みたい……

なんてことを考えながら、市場の一角にある店でマグロの刺身を500円で購入した。

(Camera:SONY α7Ⅱ Lens:Samyang AF 45mm F1.8 FE)

刺身を買った後、市場にて400円のごはん(エビのあら汁付き)を購入してマグロ丼にして食べる。
初見ではご飯の量は少ない感じがしたのだが、刺身と組み合わせると丁度いい分量の丼になるのだから驚きである。
こればかりは流石にテスト撮影中のNikon F4で撮るのは怖かったので、サブ扱いで持ち込んだα7Ⅱで撮影したが、サムヤンAF45mm F1.8FEは少し寄れないのが残念な部分というか。

(Camera:Nikon F4 Lens:Nikon Ai Nikkor 135mm F2.8S)

帰りはJR東塩釜駅からそろそろ消えそうな仙石線205系H2編成3に乗車。
Nikon F4とAi-S 135mm F2.8を組み合わせて撮影すると実にいい感じで撮影できたので、フィルムを使う余裕がある際には是非とも使ってみたいところ。

注釈

  1. Nikon F4の持病としては結構有名[]
  2. 2010年代末まで売っていたMFニッコールのは、産業用需要で生きていた部分がある[]
  3. 205系後継は仙石東北ラインと共通化されるんだろうか?[]
この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました