カメラ関連 フィルムカメラ

Canon AF35MLのポジで少し前を振り返る。(北関東編)

Canon AF35MLのポジで少し前を振り返る。(北関東編)
この記事は約3分で読めます。

AF35MLのポジで少し前を振り返ろう

過去を振り返……るしかない現状

各都県公式からの「土日の外出自粛」要請で都内に出ることはおろか、近所の喫茶店で少しだけ「いい感じの」スペシャリティコーヒーを飲むことも難しい状況では、過去のネタに頼るしかないのが実情である。
そこで、将来の同人誌に使えそうな各種ネタの整理のために、以前Canon AF35MLで撮影した「ちょっと前の北関東」の写真をアップする。

RVP100で振り返るちょっと前の北関東

日光・鬼怒川エリア

日光編

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

日光の名所、神橋。
二荒山神社の玄関口であるこの橋であるが、撮影当日は大変な雨でげんなりした。

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

二荒山神社。
なお、この時に日光東照宮は修復中でカバーが被せられていたために、デジタル(この当時はOM-D E-M5を使っていた)では撮影したが、フィルムでは撮影しなかった。

鬼怒川温泉編

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

鬼怒川温泉駅に停車中の100系スペーシア。
一連のコロナ騒動が一通り収まったら、新宿か浅草からスペーシアの個室に乗って鬼怒川温泉までの一人旅をしたいところである。昔のDRC時代から続く豪華な東武特急の流れには一度は乗車したい。
(最も、それがいつ頃になるかは見えないのだが)

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

鬼怒川温泉のホテル群。
この時、対岸にあった足利銀行の経営がおかしくなった関係で潰れてそのまま放置されている旅館・ホテルの廃墟群には何故気づかなかったのだろうか……。
(鬼怒川温泉駅からホテル群までは離れていたので歩くので精一杯だったのもある)

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

鬼怒川温泉のホテルが立ち並ぶエリアにある、ホテルの客を見込んで営業している射的屋。
こんな写真をスキャンしていると、射的屋の銃のようなウッドストックのボルトアクションライフルが妙に恋しい。

(余談であるが、このSnow Wolf製のKar98Kは、以前流通していたS&T製のものと同じ新しい方のタナカ系エアコッキングの構造らしいので、懐に余裕があれば手に入れたいところ)

宇都宮のEF57 7

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

宇都宮駅から徒歩15分くらいの公園に保存されていたEF57 7。
晩年は東北本線で荷物列車を牽引していた機体であり、機会があればまた訪れたいところ。

鹿島神宮エリア

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

鹿島神宮の境内。

(Camera:Canon AF35ML Film:Fuji RVP100)

鹿島神宮付近にあった『アキバ系コスプレ居酒屋』。
妙な安直さが漂うコスプレ居酒屋では、どんな感じのコスプレ店員がいるのかが気になって仕方ない。

ネタがなくてもやっていくしかない

やっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました