カメラ関連デジタルフィルムカメラモノ関連

2020年 自分はこんなアイテムを買いました。(カメラ・レンズ編)

2020年 自分はこんなアイテムを買いました。(カメラ・レンズ編)
この記事は約3分で読めます。

今年はこんなカメラを買いました in 2020

今年のカメラ増備は少なかった

2020年のカメラ増備に関しては、昨年と比べると仙台行きやリモートワーク関連の出費が嵩んだ関係で「少なかった」し、11月から仙台に住んで以降は何故かは知らないがカメラは一台も増えていないのである。

とはいえ、それでも少ないながらも「増えたことは増えた」ので、それについてを今回ネタにする。

今年買ったカメラあれこれ

Canon EOS5D

C97で出した同人誌の売り上げの一部で、秋葉原で購入したCanon EOS5D。
さまざまな要素も合間って、一時期はメイン機を差し置いて気に入っていた一台だった。
しかしながら、仙台行き数日前に電源が入らなくなってしまって以降、EOS5Dは「いつかは修理を頼みたいが、現状どうしようもない枠」として実家に放置している。

EOS5Dに関してはこちらも参照のこと

本来であれば『JC』シリーズで取り上げる枠のカメラとして、色々と原稿を練っていたのであるが、如何せん壊れてしまった以上はどうすることもできないのである。

JC Plus No.2 - サークル ジャンク難あり500円の会 - BOOTH
カストリカメラ同人誌、小ネタ集第二弾またしても刊行! (前回に引き続き)マミヤシックスPで撮る「令和」その2、秋葉原で14,800円で買ったCanon EOS5Dに関しての序論、今流行りの「Zoom飲み」をより高画質にするためにSONY α7ⅡをWebカメラにする準備と「実際やってみたどうだったか」の3つのテーマをまと

Lumix G14mm F2.5 ASPH.

DMC-G8をキャプチャボード経由でリモートワーク用Webカメラとして使うために導入。
Webカメラ用途以外での稼働率は高いのか低いのかよくわからない状態であったが、DC-G100付属グリップであるDMW-SHGR1導入後はそのコンパクトさも相まって稼働率が高くなっている。

Lumix G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.

仕事関係で広角ズームが必要になったので導入。
換算24-120mmをカバーする万能レンズとしては非常に優秀で、20年中頃以降は一番稼働率が高かったレンズとして、簡単な仕事から旅行先での記録まで幅広い場面でバリバリと使った。

少なくとも、DMC-G8と組み合わせるならばG VARIO 12-60mmに加えてG X45-175mmと25mm F1.7さえあれば「低予算で携行性とCPが高いシステムが出来上がるのでは?」なんて具合に人に勧めたくなる。

Canon PowerShot G1X

緊急事態宣言が明けた辺りに「何かに使える」なんて具合のネタ枠で購入したのであるが、使っていくうちにCanonが目指していた「iPhone時代における新しいコンデジ」の方向性が見えてきたために、2020年現在のスマホカメラの動向も踏まえた上でPowerShot G1Xに関する同人誌まで書いてしまったほど。

PowerShot G1Xとスマホに関しての同人誌はこちらから

JC JunkCamera No.10 Canon PowerShot G1X 市場としての「コンデジ」の死を見つめる - サークル ジャンク難あり500円の会 - BOOTH
「こう伝えろ! スマホが7分でカメラが3分だ!」 泡沫カメラ同人誌、1年半ぶりに復活! iPhone登場を受け、Canonが出した「これからのコンデジ市場を狙った」意気込みとそれを許さなかったスマホ市場の伸長と2020年現在の様相についてを見つめる同人誌、ここに登場! 〇もくじ ・はじめに PowerShot G1X

事実上のエアコミケ2新刊ですので、年末年始のお供にどうぞ

Canon EF50mm F1.4 USM

EOSとαシステムの両方で共用できる機材として導入。
AFと写りに関しては非常に素晴らしい上に、携行性のバランスも取れているのが何とも素晴らしく、このためにEOS5D代替のEOS後継機導入計画を考えているところである。

マミヤシックスⅣB型

マミヤシックスⅣB型も予備機として導入。
少なくとも、既存機の予備であるが仕様が違うのでいろいろと楽しめる部分がありそうである。

今年の機材導入の傾向

今年の導入機材に関しては、それこそ『JC』のネタにできるような機種をわずかに買った以外は実用品しか買っていない(買えていない)辺りに、2020年におけるさまざまな状況が垣間見えるのが悲しくなるところ。

来年になったら、早速EOSシステム及びαシステムの機材更新を図りたいところであるが、その前に「それなりに喰える」仕事があればなぁ……仕事さえあればなぁ。

来年中には、ある程度の「仕事」が欲しいなぁ。

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました