雑記

【皆様へ】よくわからない2023年も終わりを迎えまして~2023年最後のご挨拶

よくわからない2023年も終わりを迎えまして~2023年最後のご挨拶
この記事は約3分で読めます。

2023年も終わりを迎えようとして

2023年もいろいろありまして

激動の2023年も終わりを迎えようとしている。
2023年という年は、自分にとっては本当に「厄年」のような年で

  • 1月末にコロナにかかって一週間ほどホテル療養するハメに
  • 3月頃に非正規の仕事は決まるも、一週間で突如「予告なしに」解雇される
  • 5月頃から就活を再開するも、地元以外も含めて職はどこにもなく
  • 8月中旬に「諸事情」からメンタルを軽く壊す
  • 11月頃から妙に「以前に比べて」ますます疲れやすくなった etc…

などという具合に、この1年動いても「マトモな仕事も見つからなければ、それ以外に”何かしら”動いても逆に踏んだり蹴ったりな具合でもうどうしようもない」という一年であり、ここから良い方向に進むとも微塵とも思えない…というのが実情である。

そんな中でも何故か死なずにここまで来ているあたりに「(悪い意味で)普通ではない人生を送っている」というのは明白で、何というか「レールの上に乗れるような普通の人になりたい」という一心で動いている割には、何でこうもレールに乗れないのだろうかということばかり常日頃から考えてしまうのである。

少なくとも、フリー一本で喰える技術もなければ、かといって「履歴書に書けるような働き口」が見つかるか…と言われると残念ながらその答えは「NO」という他しかなく…どっかでマトモに働けるような場所さえあればとは思うものの実際のところ就労事情は「かなり厳しくなっている」為に難しいところ。

SNS事情もよくわからないことになり

SNSに関しても、2023年はTwitterAPIの有償化騒動からはじまる一連の混乱でTwitter運営への不信感と「この先もう長くない」という感じを抱いたので、Misskey(.io)に逃げた部分もある。
「出来の悪いTwitter公式クライアントを使うならば…」という一心で始めたMisskeyであるが、少なくともMisskeyのほうにいる時間のほうが長くなったのと同時に、絵を高頻度で描くようになったので結果的にそれなりに上達した(ような気がする)というのは大きい。

暁

ちなみにだいたい某「こんなところ」総合部にいるので見つけたらよろしくお願いします…。


2023年の最後に

2024年も弊サイト等をよろしくお願いします

2023年は大変お世話になりました。
2024年の弊サイトおよび弊サークルの活動を是非ともよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住(2022年秋まで)していたが、現在はチバラギに戻って求職活動中。
-------------------------------------------
このサイトはamazonアソシエイトプログラム・楽天アフィリエイト・Googleアドセンス等のプログラムに参加しています。

スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました