雑記

【お知らせ】仙台から撤退することとなりました

【お知らせ】仙台から撤退することとなりました
この記事は約1分で読めます。

仙台から撤退することになりました

撤退の理由として

2020年冬からIT・Web系の職業訓練を行い、それから1年近く就活を行った末に「結局仕事が見つからなかった」以上はある程度の見切りをつける必要性はある、という理由もあり10月中旬に仙台から撤退することとなった。

かれこれ仙台での働き口を探しても限界があった上に、就活の末に鬱の診断(就活のドクターストップ)が精神科から下った以上は、首都圏に近いチバラギの実家に戻ってやり直す必要がある、ということが理由である。

少なくとも、仙台での就活で「やることだけはやった」ものの、最終目標としての就職ができなかった以上はこれ以上無職のまま仙台に留まっていても結果的に身を削ることになりそうだったというのもあるが。

撤退後はどうするか?

仙台から撤退して、チバラギの実家に戻った後としては何をするか?と言われるとまず三か月くらいは鬱の療養をしたい。
その上で、就活をある程度は再開させたいところであるが……果たしてどうなのだろうか?

この記事を書いた人

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました