エアガン・サバゲ

激安!4,980円で買った東京マルイM92Fミリタリーを修理しよう Part2

激安!4,980円で買った東京マルイM92Fミリタリーを修理しよう Part2
この記事は約4分で読めます。

前回の記事はこちらから

4,980円のM92Fミリタリー、その後

部品を注文しては壊れての繰り返し

以前、チバラギに住んでいた時に4,980円で購入した東京マルイ製M92Fミリタリー(旧モデル)は仙台に引っ越してからもちまちまと修理を続けていた。

とはいえ、東京マルイに部品を注文して修理して組み込むも、撃っては壊れる状態となっていた。
また、壊れていなくとも経年で摩耗した部品がたくさん見つかったり……といった出来事の繰り返しで、4,980円のM92Fミリタリーはすっかり「新金谷で動態保存機の部品取り状態となって放置されていた時期の大井川鐡道C11 312」のような状態となっていた。

仙台フロンティアでの掘り出し物

そんな折、薬師堂駅近くにある仙台フロンティアに向かった。
当初は例によって再販されたAAP-01を購入するつもりであったが、やはりAAP-01は人気だったのかすぎに品切れとなっていたので何か別のを購入しようと思った際に中古のM92Fを7,700円で購入。

新しいロットとはいえ、状態は……。

このM92Fミリタリー、箱に近年の東京マルイ製品に誇らしげに貼られている『世界ナンバーワン』シールの貼られた比較的新しいロットであったが、自宅に戻って確認するとフレーム部分にコンクリにぶつけた感じの大きな落下痕があり、ガスを入れて確認するとどうも「砂を噛んだような動作」しかしない。

フレーム部分に付着した砂を綿棒で軽く除去した上で、マガジンにM92Fに付属の空撃ちフォロアーを入れてバシバシと撃つと動作は非常に快調そのものだったが、フレーム部分にだけ傷がやたらとついているM92Fというのも何とも精神衛生上しっくりこないのである。

そうだ、ニコイチ整備しよう

そこで「内部が経年で摩耗して撃てないがガワの状態が良好」な手持ちM92Fと「落下痕のあるが、動作が快調でロットが新しい(2017年以降に製造か?)」仙台のM92Fとでニコイチ整備することに。

組み合わせとしては

  • スライドAssy一式は仙台のM92F
  • バレルAssy一式は手持ちM92F
  • 外装フレーム部分は手持ちM92F
  • 内部シャーシは仙台のM92F(清掃の上で組み込み)
  • テイクダウンピンなどの細々とした亜鉛製パーツは仙台のM92F

といった具合に、動作に関わる部品は「製造が新しい」仙台のM92Fをベースに、バレルや外装フレームなどには手持ちM92Fのものを流用して組み込んだ。

暁

製造時期は違えど、同じ製品という事もあってスムーズに組み込めた

M92Fの分解自体は手持ちM92Fの分解を各種Webサイトを参考に何度かやっているうちにすっかり慣れたので、今回のニコイチ整備自体は簡単に行うことができた。また、マガジンバルブを確実に叩けるように、ライラクスのM92F用ハンマースプリングを組み込む小改良を行ってみた。

ニコイチ整備の結果は?

かくして、M92Fミリタリーの小改良込みニコイチ整備が完了した。
タムタム製の初速計で初速を計測すると、ギャロップ社製0.2g弾とハイバレットガス(ライラクス)の組み合わせで67m/s〜71m/sの間で安定して撃つことができた。

いざ秋葉原のレンジで撃ってみよう!~試射編~

先日、チバラギへの帰省した際にM92Fミリタリーを撃ちに秋葉原のターゲット1へと行ってみた。
その際、あきばお~で安売りしていたマルイ純正のノンフロンガスを使って撃ってみたのであるが、ノンフロンガスの出力が低いせいか「フロンと同じ感覚で安定して撃てる」どころか「ブローバックはするものの、弾が発射されていない」状態が何度か発生した。

少なくとも、新しいモデルならいざ知らず古いM92Fミリタリーでマルイのノンフロンガスを使うといい感じには動かないことがわかったので「ノンフロンガスを使うこと前提で開発されたグロック19Gen3以降のGBBも一つ揃えたい」と思った次第である。

……とはいえ、通常のガスで使う場合ならばM92Fはしっかりと撃てるので「ツールとして使う」のならばいいかもしれないが、将来を考えるとどうなのだろうか?

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました