雑記

桜も散ったにも関わらず、寒暖の差が激しい今日この頃~近況報告 in20年4月上旬

桜も散ったにも関わらず、寒暖の差が激しい今日この頃~近況報告 in20年4月上旬
この記事は約2分で読めます。

VScodeを叩いてはナニをする毎日

ポートフォリオ向けサイトのリニューアル工事をする

ここ最近はVScodeを叩いて、将来の就活に向けたサイトを作っている。
ここで出すのもアレなので貼らないが、今回は前回(1月頃)作った「言語は最新、しかし見た目はゼロ年代のジオシティーズサイト」同然だったサイトのリメイク版として、モバイル対応などの面で欠かせない動的要素(JQurey)やPHPを追加している。

とはいえ、これでも見てくれが「ゼロ年代ジオシティーズ」から「00年代後半から10年代初めの個人サイト」に進歩したとはいえ、企業に採用されるレベルまではまだ遠いのでもう少し見た目をモダンにするべく努力したい次第である。

それはそうとして生活状況

QOLは下がる一方

4月に入ってからというものの、QOLは下がる一方である。
それこそ「すぐに刊行できそうな」勢いで同人誌の原告を書くどころか、たった1,000文字くらいのサイトやnote用の文章すら書けなくなっている位である。

理由としては「近隣の騒音が一気にやかましくなった」というのがある。
昼は近隣住民の子供の喚き声、夜ともなると今住んでいる「あばら家」の壁伝いに聞こえるカップルの「リアル快楽天」な声だったりが騒がしくなってきて原稿や文章を書く以前の問題となってくるのである。

いくら手持ち音源のコンテンポラリーなジャズをLepy LP-2024+経由で流し、無印良品のアロマディフューザーを焚いて香りを嗅いで早めに寝ても、壁伝いに聞こえるピロートークで中途覚醒しては不完全燃焼なまままた寝る(当然ながら目覚めに関しては中途半端)……という日々が続くと思いつくものも「そもそも」思いつかないのである。

暁

多分、今度の精神科で精神安定剤の量が増えそうな予感がする……。

QOL向上のための「策」を考えるしかない

とはいえ、隣の住人に対して「立町(仙台のラブホテルが多数あるエリア)に行け」と言いたくなる気持ちを抱えながらも、サイトは更新しなければいけないし、同人誌も書かなくてはいけない以上はどうしようもないのである。

ひとまず、近隣の子供の喚き声や「お盛ん」な声にも負けずに原稿を書くためのQOL向上のための策についてどうするべきかを考えるしかないのであるが……この辺にどうするべきなのか。

例のごとくハードウェアパワーのごり押しで解決する方策でも、発想の転換でマインドでフルでネスな解決策でも別に構わないので、Twitterでリプライを貰えれば是非とも。

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました