保存車めぐり

【保存車めぐり】南大塚公園 東京都交通局 6162号【その7】

【保存車めぐり】南大塚公園 東京都交通局 6162号【その7】
この記事は約2分で読めます。

【保存車めぐり】南大塚公園 東京都交通局 6162号【その7】

今回は豊島区南大塚にある、東京都交通局6162号を。
(2020年7月訪問)

南大塚公園 東京都交通局 6162号

全体を見る


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.)

南大塚公園に保存されている、都電6162号。
前照灯が赤いポリカーボネート製のものに換装されているほか、方向幕が埋められている。

かつて『都電ものしり博物館』として6162号の車内が公開されていた時期に設置されたであろうプレートがあるが、現在は車内は公開されていない。


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.)

6162号の台車部分を見る。
製造されたのが戦後すぐということで、戦前から技術的にそんなに変わっていない台車。


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.)

車内には、いかにも古そうな扇風機や段ボールなどが置かれている。
町内会の集会所として使われていた時期もあるのだろうか?

アクセス

JR大塚駅から徒歩で6~7分で到着。
なお、某「新宿区や渋谷区の地名がキャラクターの名字になっている」ガールズバンドアニメにも「珍妙な姿」で6162号が出てきた、という話もあるそうで。

おまけ:写研のトライアルセンターなる謎の施設


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.)

なお、南大塚公園の近くには写研のトライアルセンターなる施設があるのだが……写研といえば、ナールっぽい丸ゴシックフォントってどこで売っているんですかね。
(一応、こんなフォントを入れてはみたものの、ナールとは「少し」違うような)

タイトルとURLをコピーしました