模型関連

作画資料用にリトルアーモリーM4 SOPMOD BLOCK2を買う

作画資料用にリトルアーモリーM4 SOPMOD BLOCK2を買う
この記事は約3分で読めます。

作画資料としてリトルアーモリーを「また」買う

絵を描くにあたって小道具が必要になってきた

昨年夏に板タブと共に作画資料用として購入したfigma エミリ(ブレザーボディ)
絵を描く際には板タブやiPadの前に置いて様々なポーズをさせて描いているのだが「もっといい感じに描く」にあたって、1/12スケールの小道具がまた必要になった。

そこで、仙台駅前のヨドバシカメラにてリトルアーモリーのM4A1 SOPMOD BLOCK2をリトルアーモリー対応の肌色銃持ち手ハンドパーツと共に購入して作ってみた。

ELCANを紛失し、アクセサリーセットを購入

ランナーからパチパチ部品を切り出して組み立てて本体は「完成」した……のはいいのだが、組み立て中に別に組み立てたELCANのパーツがどっかに飛んでしまったんである。

数時間探してもELCANは見つからないので、仕方なく翌日にショートスコープやACOGなどのM4などに似合うパーツが付属するアクセサリーキットを購入し、本来ならばELCANを取り付けるべきところにACOGを取り付けて完成とした。

暁

こうやって、人はリトルアーモリーにハマっていくんだろうか?

M4片手に色々なポージングをさせてみよう

色々なポージングで撮る

早速、figmaエミリにM4 SOPMOD BLOCK2を持たせて撮影。
今回は気軽に撮影できる自作簡易撮影ボックスで撮影したのだが、DMC-G8の液晶画面でこそかなりきれいに見えたのであるが、いざメインPCに取り込んで見てみたら「銃が目立ちづらい」というか何というか。


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus M.Zuiko 45mm F1.8)

ACOGを覗いてバリバリと撃つ姿。
絵で描く際には薬莢やマズルフラッシュを描いたほうが「見栄えがイイ」というか。

ACOGレプリカ、少なくとも自分の次世代M4にも取り付けたいところ。


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus M.Zuiko 45mm F1.8)

上半身アップ。
何かの広報写真のように撮影したのであるが、実際にはサバゲーマーのオフショットにしか見えないというか。


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus M.Zuiko 45mm F1.8)

周辺を警戒中の姿。
辺りを見回しながら索敵している感じに撮ってみた。

ひょっとしたら、リトルアーモリーは増えるかも

また別なのが増えそうな予感がする……


(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus M.Zuiko 45mm F1.8)

絵を描く上での作画資料として購入したリトルアーモリーであるが、ニッパーと流し込み系接着剤さえあればすぐに組み上がる上に、エアガンでは到底出ないような大型ライフルや重機関銃、果ては対戦車兵器に至るまでラインナップが充実しているので「また面白いアイテム」があったら是非とも買ってみたいところである。

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました