雑記

あけましておめでとうございます(2019年八戸帰省の記録)

あけましておめでとうございます(2019年八戸帰省の記録)
この記事は約2分で読めます。
あけましておめでとうございます(2019年八戸帰省の記録)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

今年も、昨年と同様に『新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ』と、泡沫カメラ評論サークル『ジャンク難あり500円の会』をよろしくお願いいたします。

新年の抱負なんやかんや

昨年ははてなブログからWordPressにBlogを移転したり、同人誌をC97に出したりと派手に動いたのであるが、今年に関しては30歳になるという事もあり「やっていきましょう(借金玉)」という具合に、とりあえず「死なない程度に」生き延びることを最優先に考えたいところである。

八戸帰省記録 in 2020年1月

(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus Zuiko Digital 35mm F3.5 macro)

またしても八戸に帰省していました。

年末年始、例のように八戸に帰省していた。

……とはいえ、八戸は親類がいる都合上、一年に何度も行くので飽きが生じてきてしまい、後半は目的もなくただ八戸市営バスに揺られるだけの帰省だった。

(Camera:SONY α7Ⅱ Lens:Canon NewFD35mm F2)

新年2日目のJR陸奥湊駅前。

湊の魚市場で朝食を食べようと意気揚々と来たはいいものの、営業していなかったのである。

(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

新年2日目であるが、工場は操業を続けている……という感じをバックに八戸線が走る。

キハE130系500番台も八戸線の顔となった感じが強い。

(Camera:SONY α7Ⅱ Lens:Canon NewFD35mm F2)

夜の八戸市中心部の路地裏。

夜の八戸の路地裏というのは実に楽しいのであるが、撮影した時間帯にバスがなかったのは辛かった。

(八戸市中心部から親類宅の近くまでタクシー代がかかってしまった)

(Camera:SONY α7Ⅱ Lens:Canon NewFD35mm F2)

義経北方伝説にまつわる舞台となったおがみ神社。

本八戸駅周辺エリアにはよく行くが、おがみ神社には実は初めて来たのである。

かれこれ

今年もよろしくお願いします。

とりあえず、生き延びるためにやっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました