エアガン・サバゲ

AGM M1カービン持参でサバゲを~バンブージャングル定例会の記

AGM M1カービン持参でサバゲを~バンブージャングル定例会の記
この記事は約3分で読めます。

AGM M1カービンを再整備する

M1カービンの精度を上げられないか?

20年11月に仙台に来てからというものの、AGM M1カービンをサバゲで投入する機会が多いとはいえ、なかなかM1カービンでのヒットに恵まれない状況が続いていた。

そんなこんなで10月末。
AGM M1カービンをもう一本購入してスナイパー仕様に整備しよう、ということで整備していたはずなのであるが、いつのまにやら元々あったAGM M1カービンもばらしてしまった。そんなこんなで、結果的に「新品パーツを使ったニコイチ整備」となってしまった。

実際、

  • HOP押しゴム部分を宮川ゴム製押しゴム金太郎の山型押しゴムに換装
    (現物合わせ加工の上で取り付け)
  • スプリングを新品に換装し、初速を77m/sからヤレた次世代並みの89m/sにアップ1
  • 金属部品という部品を新品パーツに換装
  • 新品バレルをキムワイプで清掃(結構汚れていた)

といったように、ストックこそ今まで使っていたAGM M1カービンのものであるが、中身は最新ロットベースのAGM M1カービンといった状態になったので

暁

これでは単なるM1カービンのリファビッシュモデルだな……。

と組みあがった時に笑ってしまった。

試射ついでに実戦投入

バンブージャングル定例会へ行こう!

そんなリファビッシュ仕様のAGM M1カービンを実射すべく、10月末日に東北本線に乗って大衡村にあるサバゲフィールドであるバンブージャングルに行くことに。

Bamboo Jungle
バンブージャングルは仙台の野外サバゲフィールドです。本格的なゲームから、初心者でも楽しめるゲーム、貸し切りゲームなどの様々なサバゲ―を楽しむことができます。

敷地内にある40mレンジでHOP調整の上で撃ってみると、今までのAGM M1カービンでは40mフラットで飛ぶことはあまりなかったのであるが、リファビッシュAGM M1カービンでは40mフラットできっちり飛ぶようになったのである。

その上で、今回の定例会にAGM M1カービンを実戦投入してみたところ、普段ヒットなんて定例会中で1度も取れないような自分には珍しく2人もヒットが取れた2あたりに「AGM M1カービンはしっかり整備すれば、火力と軽量さを両立させた恐るべきウェポンに化ける」と感じた次第である。

しかし、今回行ったバンブージャングルは森や茂みの中で撃ち合いをするフィールドだった。
正直なところ、今まで行った各地のサバゲフィールド以上に「確かに人の動きこそ見えるが、それでもどこに敵がいるのかわからない」以上はかなり難易度が高いフィールドだったために「光学機器さえあれば」という悔いが残った。

バンブージャングル定例会終了後の流れで、AGM M1カービン用に搭載する光学機器3としてANS Opitcal製の2.5×20ショートスコープをAmazonのタイムセールで買ってしまったのは言うまでもなく。

注釈

  1. 元々のM1カービンには雑にスプリングカットされていたスプリングが入っていた[]
  2. 今回、ヒットできそうだった機会はさらに何回かあり[]
  3. 別途F&F製のドットサイト用マウントベースが必要[]
この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました