モノ関連

次のサブ機はMacBookAirか、ThinkPad X1 Carbonか。

次のサブ機はMacBookAirか、ThinkPad X1 Carbonか。
この記事は約4分で読めます。

出先用サブPC環境をどうするか

MBP(Mid2012)の陳腐化問題

最近、手持ちのMacBookPro(Mid2012)の陳腐化が進んでいる。
当初「Mac環境が必要なお仕事」のために中古のMid2012を購入した(なお、その仕事は流れた)が、それとは別にMacを使った「簡単な」デザイン関係のお仕事経由でMac環境がまた必要となって、それから紆余曲折の末に今に至る……といったところである。

自由度の高いMBPとしてのMid2012

中古のMid2012は色々と自由度が高いモデルである。
まず最初にメモリを4GBから16GBに換装し、しばらくしてからHDDからクルーシャルのSSD(500GB)に換装して「液晶”以外”はバリバリ使えるぞ」とばかりに、仕事にもBlog記事執筆にも活躍している一台である。

なお、この状態のMid2012を最新Mac OSのCatalinaにアップデートしたところ、SP2で改善される前のWindows Vistaよりもひどい状態になったので、Mojaveにダウングレードした。

今(20年)現在、Catalinaがまともに動かないMid2012をSSDに換装する人はいないと思うのだが、Webで調べた限りではクルーシャルのSSDよりもWD製の「青い」SSDの方がMacとの相性はいいという話があるようで。

とはいえ、Mid2012だとお仕事上の問題点が出てきたぞ

Mid2012は確かに楽しいPCだったが、元といえば8年前(12年)のPCである。
それこそ、スマホで言えば昔持っていたXpreia GX辺りの時代のPCを無理くり延命処置した上で使っているに過ぎないので、20年現在「お仕事」で使うときには支障が出始めたのである。

知人経由でWordPressサイトの保守管理(プラグインの更新や固定ページのあれこれなど)を行ったときには、MBPの1200×800ドットで表示した際にはうまいこと表示されていたにも関わらず、自宅の24インチ(1920×1200ドット)の液晶で表示したところ「あれ?」となったことが何度かあった。

それ以外にも、アルミユニボディなので移動時にカメラ機材一式と一緒にリュックに入れた際には「とにかく重い」など、20年のいろいろな環境にはイマイチそぐわない点が見え始めたのである。

そんな時、国からの「例の10万円」の給付金を使ったMid2012後継PC買い替え案が浮上したのである。

Mid2012後継の候補を考える

例の10万円+αで何を買うかについては4月頃にこんなエントリを書いたが、いざ自治体に給付申請を済ませ、口座に振り込まれるのを待つだけの状況では「差し迫った問題を解消するための出費」に回るのである。

少なくとも、今回の出先用サブPCの選定条件はこうである。

  1. 信頼性を考えて、基本的に新品
  2. OSは問わない(MacでもWinでも可)
  3. (TouchBarのような)余計な機能はいらない
  4. 液晶は1920×1080ドット

といった条件で選定することにした。

1に関しては「せっかく10万円貰えるのであれば、いつものような中古ではなく、いっそ長く使うのならば新品を買ったほうがコストパフォーマンス面で優れている」ことから、2に関しては別に今の仕事がだいたいWinでもMacでも問わない環境になったことから、3に関しては今のMBPに搭載されているTouchBarや変なキーボードのような余計な機能は信頼性の面でいらない、4は液晶に関してはデスクトップPCの表示環境とできるだけ合わせる……が、この選定条件の理由である。

この条件で検討を重ねた末に、この2つのモデルに選択肢が固まったのである。

MacBookAir(2020)

お馴染みMBAの最新モデル、お値段は11万円から。
今販売中の2020年モデルは、最低グレードでもメモリは8GB、256GB(別グレードだと512GB)のSSD搭載という具合にお買い得モデルとなっているので色々と捗りそうである。
(CTOモデルだと更にメモリ16GB、CPUもCorei7にまでできるそうだが……MBAにそこまでやらせるか? )

ThinkPad X1 Carbon

MBAとMBPのライバルモデルであるX1 Carbon、お値段は13万円台から。
Lenovo直販だと、2018年モデルのX1 Carbonが13万円とかなり安い値段で売られているので、今回のMid2012後継選定条件には少し頑張れば予算面で合致する。

結果的に何を買う?

お値段的にもMBA辺りが有力であるが、以前からThinkPadシリーズへの一種の憧れもあるのでThinkPadのハイエンド機であるX1 Carbonも捨てがたいといったところである。

……最も、ヒラギノのライセンスや、WinよりもMacで動かした方がマシに動くソフト込みで考えると、量販店でMBA(2020)をその場の勢いで買いそうなんだよなぁ。

(追記)で、結局買ったのよ?

かなり悩んだ末に、6月末にMacBookAir(2020)を買いました。
少なくともMBAに関しては、intel製CPU搭載ということで、Arm搭載モデルに比べると「まだ安定していそう」だと判断した次第である。
(ArmのCPUはiPadシリーズでは実績があっても、まだ未知数のところがあるので)

最も、ThinkPad系への憧れもまだ捨てきれずにいるので、ひとまず「給付金のおかわりください」としか言いようがないのである。

この記事を書いた人
akatukidesuga

泡沫カメラ同人サークル「ジャンク難あり500円の会」主筆。

1990年生まれのアラサーちゃん、という第二次氷河期世代のあおりをモロに受けた世代でそれを引きずりながら生きている。

2020年11月より仙台市に在住。

よろしければシェアお願いします
新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ
タイトルとURLをコピーしました